1. シェアハウス検索サイト「シェアシェア」TOP >
  2. 生活 >
  3. シェアハウスで賢く一人暮らしをはじめよう

2020.10.13(tue)

生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

シェアハウスで賢く一人暮らしをはじめよう

一人暮らしを考えている方はまずお部屋探しからスタートしますよね。「駅近でバストイレ別、綺麗な物件がいいな」なんてワクワクしながらいざネットで検索してみると、こんなに家賃が高いの?!と驚くこともしばしば...。予算内で探し直すも今度は気にいる物件が見つからないなんてことも。

更に引っ越しは費用面だけでなくやることが多く、契約やライフライン手続きも大変なんです!

一人暮らしにシェアハウスという選択肢


初めての一人暮らしにかかる費用の相場は50万ほどと言われています。もちろん家賃や引越し業者により個人差はありますがこれくらいは見ておいた方が安心でしょう。

また入居審査に時間がかかったり、自営業や外国籍の人は審査に通りづらいというケースも(筆者は今の部屋への入居審査に10日以上かかりました...)。

こうした理由で、資金が足りなかったり収入が変動制であったり求職活動中の人は部屋探しの選択肢が減ってしまうのが悩みどころ。

また入居前には電気・水道・ガスなどの手続きを済ませて置く必要があります。その他にインターネットやプロバイダの契約、引っ越し当日の業者の手配などなど。入居当日までに全ての作業を終わらせなくてはならないため本当に大変です。

しかし、この課題を一挙に解決してくれる新しいタイプの一人暮らしがあるんです!それが「初期費用が約1/5に抑えられる」「光熱費・ネットの手続き不要」「家具家電完備」のシェアハウスです。

シェアハウスは「身軽に引っ越し」が可能!


初めての一人暮らしにシェアハウスをおすすめする理由は身軽に引っ越せる点にあります。引っ越しに伴う手続きの煩雑さをショートカットできるので仕事や勉強に忙しい方にぴったりです。また転勤が多い方にもおすすめですね。

特徴1:初期費用相場が10万円前後である

シェアハウスの初期費用は管理会社により異なりますが平均10万円前後です。マンションやアパートと違い仲介手数料や敷金・礼金といった費用が発生しないのでとても安く抑えられます。

主に賃料、共益費、デポジット(保証金)、保証会社料や火災保険料などが入居に必要な費用になります。この他にクリーニング代や事務手数料などがかかる物件もありますが、初期費用が安いと急なお引っ越しにも対応できるので心強いですね。

特徴2:とにかく家賃が安い

2点目は家賃がリーズナブルです。これは毎月の固定費なのでとても重要なポイントです。シェアハウスは基本的に、賃料+共益費の合計額が毎月の家賃になります。

共益費にはいわゆる管理費や光熱費・インターネット代、皆で使用する共有スペースの消耗備品代金等が含まれます。

共益費に光熱費やネット代が含まれているので自分で契約手続きしたり別途支払いをする必要がありません。家賃の支払い一つで全て済むため支払い忘れることもなく、退去する時は部屋の解約手続きのみでOKです。

特徴3:備え付けの家具家電で引っ越しがラク!

最近はほとんどのシェアハウスにベッド・机・チェア・テレビ・冷蔵庫が備え付けられています。そのため家財を購入する必要がなく、搬入するための大きなトラックも不要のため引っ越し費用も大幅に抑えられます。

お部屋のインテリアは雑貨を使って自分の好みにアレンジOK!(貸室なので穴開け等はNG)家具家電が揃っているため最低限の荷物だけで引っ越し可能なのでコスパが最高です。配送業者を利用し入居日に受け取りという方法もいいですね。

初めての一人暮らしにぴったりのシェアハウス3つ

シェアハウスを知らなかったという方も検討中の方も少しでも魅力が伝われば幸いです!ここからは初めての一人暮らしにおすすめのシェアハウスを3つお届けします。

シェアハウス1: Companheira(コンパニーラ)


西武新宿線 野方駅から徒歩10分。同駅最寄りの1Kの家賃相場は7万円ですが、共益費込み59,000〜61,000円で入居可能です。

野方駅は山手線の高田馬場まで1本、新宿までアクセスがよく高円寺や中野といった人気エリアも近く周辺環境も抜群です。

女性専用なので初めての一人暮らしでも抵抗なく利用できるオススメの1件です。カラオケルームが併設されており音楽好きな入居者さんも多数。

物件詳細はコチラから!

シェアハウス2: CCC Story Ueno


山手線 上野駅から徒歩5分。同駅最寄りの1Kの家賃相場は11万円ほど。こちらは共益費込み75,000〜94,000円の魅力的な物件です。

大容量の収納とニューオープンの綺麗な室内は住み心地抜群です。一人暮らし初心者が気になるセキュリティ面もしっかりカバーしています。階毎にオートロックになっておりスマホを使って施錠解錠できる最新のシステムも導入しているので安心です。

物件詳細はコチラから!

シェアハウス3: アンドシェア町屋


東京メトロ千代田線 町屋駅から徒歩5分。同駅最寄りの1Kの家賃相場は8万弱です。こちらは共益費込み49,000〜53,000円で入居可能。

全てのお部屋に専用のミニシンクとIHコンロが付いているタイプ。共有の広いキッチンもあります。さらに2階はロフト付きです。

自由度の高いお部屋で一人暮らしをお楽しみください。

物件詳細はコチラから!

シェアハウスを上手く活用して一人暮らしを始めよう!!


いかがでしたでしょうか。シェアハウスは引っ越しに伴う手間や費用面をカバーできるというメリットをご紹介してきました。

就職・転職・進学などでお部屋探しをしている方、幅広い年齢・職業・国籍の人に利用してもらえるかと思います。期間も最短1ヶ〜入居できる物件もあり個々の生活スタイルに合わせて選べます。

一人暮らしのお部屋選びの選択肢が少しでも広がれば嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

記者はこんな人!!!

makita

makita

生活
関連する記事

記事一覧
  • 民泊転用
  • シェアシェア借上
  • シェアハウス運用のお悩み
  • ワークスペース
  • 安心の女性専用物件
  • 男性入居OK物件!
  • 初めてでも安心な個室!
  • 個性豊かなコンセプト型!
  • 国際交流ができるシェアハウス
  • 短期OK!おすすめシェアハウス
  • 5分以内!便利な駅近物件特集
  • ペットと住めるシェアハウス
  • 5万円以下!リーズナブルな格安物件
  • 初期費用5万円以下の激安シェアハウス一覧!