1. シェアハウス検索サイト「シェアシェア」TOP >
  2. 生活 >
  3. 【初めてのシェアハウス】ー不安を解消!ー

2015.07.15(wed)

生活
このエントリーをはてなブックマークに追加

【初めてのシェアハウス】ー不安を解消!ー

あちらこちらで耳にすることの多くなったシェアハウス。
「興味はあるけど躊躇する…。」
そんな皆様!に、お伝えしたいことがあります!
メイン画像

ルームシェアとは全く違います!

シェアハウスという名前からくるイメージは、
「友達同士でワイワイ暮らす」といった感じですよね。

なんだかプライベートがなくてめんどくさそう…。
入居も退去も回りに気を使いそう…。

そ、そんなことはありません!!!!
イメージがつくように、形態の特徴をご説明します。

hito

◇シェアハウス◇
入居者はシェアハウスを運営する業者と個別に契約をするので、シェアハウスの中の誰かが退室しても家賃が上がることはない。暮らしのルールが入居時に提示され、入居者同士のトラブルなども業者が対応してくれる。

◇ルームシェア◇
友人同士でひとつの部屋を賃貸契約する事。明確な暮らしのルールはなく、入居者同士で決める必要がある。賃料は折半なので、一人が退室すると、その他の負担が増えることも。

◇ゲストハウス◇
賃貸物件というより、格安の宿泊施設に近い。おもにバックパッカーや外国人旅行者向けの短期宿泊施設。家具家電が備え付けられていることが多い。

つまりシェアハウスとは、
「同じ一つの建物で暮らす」という形に、
みんなが暮らしやすいような管理をしてくれる業者がいて、
安心して過ごせるスタイルなんですね。

想像を超えるシェアハウスがたくさん!

最近は多くの人気エリアにシェアハウスが増えています。
一昔前のような「安くて古くて狭い」なんてことはありません!

1人暮らしではとても手に入らないような
充実の設備がある贅沢なハウスもたくさんあります。

◇ペットOKの物件
家族の一員として大切にしているペットと、
離れずに新しい暮らしを始められるとうれしいですね。

neko
◇外国人の多い物件
もともとシェアハウスという文化が根付いた欧米の人には、やはり人気の物件です。
隣のお部屋にネイティブスピーカーがいれば、仲良くなって、語学スキルも磨けちゃうかも!

◇女性専用の物件
いくらシェアハウスが進化しているとはいえ、知らない男の人と暮らすのはちょっと……。
という人にオススメ。女性だけなら気楽にのんびりすごせそう♪

◇フィットネススタジオ完備の物件
フィットネススタジオがあれば、すっぴんでの移動が最小限ですみます!
汗をかいたらシャワーでリラックス♪疲れた体をすぐに投げ出すことも出来ます。

その他にも、防音室付きだったり、高級エリアの中にあったり、
オシャレなインテリアがそろっていたり…。
シェアハウスを選ぶ人はそんな部分にも惹かれるのでしょうね。

コスパが最高!!!!!

とはいえ、最大のメリットは、やはりそのコストパフォーマンス!

saihu

一般的な賃貸物件に入居する際は、契約の時の初期費用に
敷金・礼金・仲介手数料・鍵代金…等が発生します。
一か月の家賃が5万円の物件だとして、
手数料に各1カ月、鍵代金に1万円がかかってくれば、

敷金 5万円
礼金 5万円
仲介手数料 5万
家賃一か月分 5万円
鍵代金 1万円

ざっと21万円です。

それがシェアハウスだと、

保証金(0円~約1ヶ月分程度)と家賃1ヶ月分。
5万円から10万円ほどの初期費用で入居できるんです!

(※シェアハウスによって別途かかる費用もあります。)

共益費もかかりますがこちらは水道光熱費なので、
通常賃貸では家賃とは別に支払っている金額の分ですよね。

しかも、家具家電つきの部屋がほとんどですので、
新しく必要なものを買い足す経費もかかりません!!

ぜひ一度、見学だけでも!

シェアハウスはメリットが多く、合理的で、
お財布にも優しいということがおわかりいだたけましたか?

kuraku

もし今、シェアハウスに住むかどうか悩んでいるなら、
まずは一度、実際に物件を見に行きましょう!

「最近のシェアハウスは進化していた」
「無しだと思っていたけど、見学したら断然ありだった」
と、きっとお友達に話したくなると思います。

シェアハウス生活の第一歩、
ぜひ思い切って踏み出してください!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

記者はこんな人!!!

しま

しま

シェアハウスが好きすぎて
シェアハウスのお仕事はじめた人。

生活
関連する記事

記事一覧